サラリーマン相続入門

サラリーマンの方にも知ってほしい、相続についての入門書!

財産目録を作成しましょう

相続税を払わなくて済むとしても相続税における計算上の『特典』を

受けるのであれば、相続税の申告を行う必要があります。

 

【財産目録の重要性】

「このサイトの相続税の試算の結果、相続税を払わなくて済むようだ。やれやれ。」

ちょっと待ってください!相続税額が発生しなくても、相続税の申告を必要とする場合があることをご存知ですか?

例えば、①居住用のご自宅の評価額が20%になる小規模宅地等の特例を使う事により相続財産の評価額が基礎控除額以下になる場合、また②配偶者の税額軽減(1億6千万)の適用を受ける場合は申告が必要になります。

その際、実際に相続税の申告をするのも、相続税の納税をするのも残された相続人が行うのです。
残された相続人が困らないように納税資金を準備し、財産目録や遺言書の作成等を行う必要があります。

まずは下記のサンプルを使って、財産目録の作成を行ってみてください。

 

【財産目録を作成しましょう】

Excelファイルで財産目録を作れるように準備をさせていただきました。また、パソコンが苦手な方のために、PDFにて手書き用のファイルも用意いたしました。

(Excelでの作成にあたって)

シートの1枚目は、記入・作成見本となりますので、ご参照頂ければと思います。

シートの2枚目は、Excelを利用して作成される方のために作ってあります。金額ベースのものは、各項目で合計額を算出するようにしています。

 

Excelファイルは、 こちら

PDFファイルは、 手書き用紙が こちら  作成見本が こちら