サラリーマン相続入門

サラリーマンの方にも知ってほしい、相続についての入門書!

遺言書について

遺言書は、あなたの『意志』を残すもの。

”争族”とさせないためには、とっても重要なものになります。

 

【遺言書の効果】

遺言書は、生前のあなたの思いを残すものとなります。あなたが亡くなったのち、あなたの最後の『意志』を残された家族である相続人たちが見るのです。

民 法の規定によりますと、遺言者の意思を尊重し、遺言相続を優先するようになっています。ただし、手続きや記載に不備がある場合には、法的な効力が問題とな り、結果、法定相続に従うこととなります。つまり、自分の意志を残すにも、ある程度のルールに則って遺言書を作成しないと、せっかく作成した遺言書が使えず、やはり”争続”となってしまう可能性があるのです。

作成に当たっては、充分な事前準備と記載についての知識が必要となってくるわけです。

【遺言書の作成】

遺言書には、以下の3種類があります。

(1)自筆証書遺言(民法 第968条)

遺言者が、遺言書の全文・作成年月日・氏名を自書し、押印します。「自筆」のとおり、ビデオ撮影や録音したものはもちろん、パソコンで作成したものも不可ですのでご注意ください。なお、この場合、立会い証人は不要です。
〔メリット〕
作成が容易であり、費用が掛からないこと。
〔デメリット〕
遺言者が亡くなった後、遺言書の存在が不明となる可能性があること。
また、形式上の不備により遺言書が無効となる可能性があること。

 

(2)公正証書遺言(民法 第969条)

公証役場に赴き、2名以上の証人の立会いの下、遺言者が遺言の趣旨を口述し、公証人が筆記する形で作成します。遺言者及び証人が、筆記内容が正確であること を承認後、各自、署名押印を行います。さらに公証人も、その遺言書が定められた方式によるものである旨を付記し、署名押印します。
〔メリット〕
安全・確実であり、原本を公証役場で保管します。なお字が書けない場合にも作成が可能となっています。
〔デメリット〕
公的機関での作成なので、手続きは煩雑に思われるかもしれません。また公証人への手数料がかかります。(財産の価格で金額が異なります。 → こちら

 

(3)秘密証書遺言(民法 第970条)

公証役場に赴き、遺言者が、遺言書に署名押印後、遺言書を封じ、同じ印で封印します。遺言者が、公証人及び2名以上の証人に封書を提出し、自分が作成した遺言書である旨及び住所・氏名を申し述べます。公証人が日付と遺言者の申述を封書に記載し、遺言者・証人・公証人がそれぞれ署名捺印します。
〔メリット〕
遺言書の内容を秘密にしたうえで、遺言書の存在を明らかにできます。また自筆証書遺言と異なり、パソコンでの作成も可能です。
〔デメリット〕
公証人が内容を確認している訳ではありませんから、自筆証書遺言と同様、形式上の不備により遺言書が無効となる可能性があること。

 

それぞれの遺言方法ごとに、メリット・デメリットがありますが、先に述べたようにせっかくの遺言書を無駄にしないためにお勧めなのは、(2)の公正証書遺言です。

 

【自筆証書遺言の見本】

参考までに自筆証書遺言の記載の見本と注意点をまとめてみました。但し、万が一記載に不備があると法的効力が無くなるので、その点はご注意ください。
(画像をクリックすると、拡大してご覧になれます。)

自筆証書遺言の見本