相続財産

  評価額
財産 現預金   万円
自宅不動産   万円
生命保険 被保険者が本人分のみ 万円
退職金   万円
その他の資産 株式・投信・貸付金等 万円
債務 借入金 団信は除く 万円

相続人

配偶者 配偶者がいるか?
①子供 全て成人と仮定。
法定相続順は下記参照。
②父母
③兄弟姉妹

※法定相続順 ①子供 ②父母 ③兄弟姉妹
子供がいれば配偶者と①子供が、いなければ配偶者と②父母が、子供も父母もいなければ③兄弟姉妹が、法定相続人となる。




税額計算
  現行制度 H27年改正案
a.財産単純合計
万円
b.生命保険控除 500×相続人数=
万円
500×相続人(限定※1)=
万円
c.退職金控除 500×相続人数=
万円
d.資産総額
  (a-b-c)
万円 万円
e.基礎控除額 5000+相続人数×1000=
万円
3000+相続人数×600=
万円
f.課税財産
  (d-e)
万円 万円

  現行制度 H27年改正案
税額(1)
特典を利用しない場合
万円 万円
税額(2)
申告して配偶者の税額軽減利用
万円 万円

※1 生命保険金控除の対象となる同一生計の成人等は配偶者のみと仮定しています。
※簡易計算によるシミュレーションです。より詳しいシミュレーション・相続税対策をご希望の場合は当事務所へお問い合わせください。
※税額(2)の軽減を受けるには申告が必要です。
※申告することにより、自宅不動産の土地評価が8割減されますが、ここでは考慮していません。
※相続人に養子が含まれる場合などの税額加算や相続人数の計算については、ここでは考慮していません。

税額が出た場合やご心配の方はご相談ください。